iPhone8のカメラレンズが割れたので、自分で交換してみた!

iphone8割れたカメラレンズを自分で交換雑記
スポンサーリンク

こんにちはhisaoです!

連日の忘年会ではしゃぎ過ぎたのが原因なのか、日ごろの行いが悪いせいなのか気がついたらiPhone8のカメラレンズがボロボロに割れていました!

写真は完全にiPhoneまかせで、仕事でも良く資料を写メしてラインやメールで送ったりと大活躍なので写真が撮れないと不便でしょうがないです。

修理代をネットで調べてみると1万円ちかくかかるじゃないですか!?

そこでカメラ自体は正常なのでレンズのみを自分で交換してみました。今回はiPhone8のカメラレンズの交換方法を紹介します。

iPhone8カメラレンズ割れ

iphone8カメラレンズ割れ

私のiPhone8のカメラレンズはこんな感じでガッツリ割れてしまいました。

このまま写真を撮るとピントが合わずに文字などは全く読めません。QRコードの読み込みも出来ないためQRコード読み込みタイプのpaypay決済等も利用できません!

レンズが割れた時の撮影

写真を撮るとこんな感じで全く使い物になりませんので、iPhoneのカメラレンズを自分で交換していきます!

iPhone8のカメラレンズ交換

Vimour OEMオリジナルの背面のリアカメラガラスレンズの交換と接着剤と修理ツールキット

今回Amazonで購入したiPhone8用カメラレンズ交換キットです。

iPhone8カメラレンズ交換キット

中身は

  • カメラレンズ
  • レンズ取付用両面テープx3
  • デザインカッター
  • ピンセット
  • 布クロス
  • 紙クロスウェットタイプx1、ドライタイプx1

以上のセット内容です。

それではオペを開始していきます。

過去にはiPhoneの液晶ガラス交換やホームボタンの交換も行った事があるので今回は非常に簡単な修理の部類だと思います!

iphone8オペ

ハズキルーペでもあるといいかもしれません!

①マスキングテープで保護

まずマスキングテープでカメラ周りを念のため保護しました。

マスキング

チャチャチャッと張り付けていきます。めちゃくちゃ雑。。。

②割れたカメラレンズと接着剤を全て取る

ほぼこれがメインの作業です。

作業に夢中で写真が無いので商品販売元の画像です。

デザインナイフで、てこの原理を利用して周りのガラス片を取り除いていきました。

付属のデザインナイフは刃の部分が長過ぎて少し使いにくかったです。

③カメラ内の埃を取りレンズを付ける

アイフォンカメラ内の埃をとる

ガラスや接着剤を取り除いたら、緑色のウェットタイプの紙クロスで拭き、仕上げにドライタイプを使用して埃などを取ります!

そしてレンズに両面テープを取り付けレンズをピンセットを使ってiPhoneに付けます。

iPhoneにカメラレンズを付ける

写真の画質がめっちゃ荒いです...

iPhoneカメラレンズ交換

無事カメラレンズの取付完了です!

カメラレンズ修理後

右側がカメラレンズ修理後の写真です。

無事にピントが合い文字もバッチリ読めるようになりました!

おまけ。セリアのレンズ保護リングを付けてみました

私はiPhone本体にケースやカバーを付けないのでセリアで見つけた「カメラレンズ保護リング」という商品を付けてみました。

セリアのカメラレンズ保護リング

外側はマットブラックで内側はメッキ調の塗装になっています。他にシルバーとレッドとブルーがあったと思います。

保護ガラスではなく、普通にリングなので貫通します!

セリアiPhone用保護リング

付けるともっこりしてこの厚みでレンズを守るようです!

カバー付けない派の気休め程度ですけど無いよりはマシですかね。

まとめ

という事でiphone8の割れたカメラレンズを自分で交換してみましたが比較的簡単に交換する事ができました!

iPhone純正部品でなく、おきまりのAmazonの怪しい中国製品ですが特に問題なく使えてますよ!

町の修理屋さんだとカメラ本体の交換しか対応してない所も多く結構修理代がかかりますが、自分でiphoneを修理すれば約1,000円とお安く直せちゃいます!もちろん自己責任ですが!

しかし何かとiPhoneは割れるな~...皆さんも割れないように気を付けてくださいね!

Vimour OEMオリジナルの背面のリアカメラガラスレンズの交換と接着剤と修理ツールキット

タイトルとURLをコピーしました