ウェルスナビの手数料は高い?手数料を理解しよう!

ウェルスナビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちはhisaoです!

今回はウェルスナビの手数料について紹介したいと思います。

預かり資産2,500億円、運用者数12万人と、日本でNo.1のロボアドバイザーサービスです。
ここでは、ウェルスナビの手数料が実際にどれくらいかかるのかを紹介していきます。

ウェルスナビの手数料は高いのか?

ウェルスナビは実際どのくらいの手数料がかかるのでしょうか?ウェルスナビでロボアドバイザーを運用する際にかかる手数料を紹介したいと思います。そして他のサービス等に比べて高いのか紹介します。

ウェルスナビの手数料の仕組み

サービス利用手数料

ウェルスナビのサービス利用手数料は一律預け資産(運用金額)の1%(税込1.08%)となります。例えば、100万円をウェルスナビに投資した場合、毎年必要になる利用手数料は約1万円です。

このサービス利用手数料には以下の全ての手数料が含まれます。

  • 売買委託手数料
  • 振込手数料 ※クイック入金可能な銀行のみ
  • 為替スプレッド (為替取引の際に発生する売値と買値の差額)
  • 為替手数料 (円とドルの交換手数料)
  • リバランス手数料
  • 口座からの出金手数料

上記の手数料は自分で投資をおこなう場合は本来別々にかかるものです。
自分で投資を行う方が手数料は安くすることができます。
しかし、これはかなりの手間です。ウェルスナビなら自動でどんな取引を行っても手数料は1%なので、上記を理解して無くても安心です。

預かり資産の評価額が3000万円以上の分に関しては手数料が半額の0.5%(年率)になります。

金融商品にかかる手数料(信託報酬)

信託報酬とは、投資信託の運用会社に支払う手数料です。
ウェルスナビは信託報酬が年率0.11%〜0.14%かかります。

支払日

ウェルスナビの手数料は運用した月の翌月5日が支払日で、前月分の手数料をまとめて支払います。

支払う手数料は「1日分の手数料」×「その月の日数」
「1日分の手数料」=計算日の時価評価額 × 1%(手数料率)÷365 ×1.08(消費税)

例えば私が始めた10万円で運用し1か月間(30日間)時価評価額が変わらなかった場合

---1日分の手数料---
100,000円(計算日の時価評価額)× 1% ÷ 365日 × 1.08(消費税) = 約3円
---1か月分の手数料---
3円 × 30日 = 90円

これを翌月の5日に毎月支払います。

長期割

ウェルスナビには長期間運用すると手数料が安くなる、「長期割」という制度があります。これは運用金額と期間に応じて、6か月ごとに手数料が割引される制度です。
割引開始から出金をしなければ、下限となる0.90%まで6カ月ごとに段階的に手数料の割引が拡大されます。

「200万円以上」なら割引幅が2倍になる!

長期割判定額手数料の割引率(6カ月毎に)
50万円〜200万円未満年率0.01%
200万円以上年率0.02%

しかし、1度出金(出金依頼が確定することを含む)を行ってしまうと「長期割期間」は終了します。割引の開始後に出金した場合は、翌月から手数料は割引の開始前のものに戻ります。

他のロボアドバイザーと比べるとどうか?

他のロボアドバイザーサービスの手数料は?

ウェルスナビの手数料は他のロボアドバイザーの手数料と比べて高いのか?
他のロボアドバイザーとウェルスナビの手数料を比較しました。

サービス名WealthNavi
(ウェルスナビ)
THEO
(テオ)
楽ラップマネラップ
(MSV LIFE)
ダイワファンドラップ
オンライン
利用手数料1% (税抜)
※3000万を超える分は半額
1% (税抜)
※3000万を超える分は半額
0.702%以上(税込)
※固定報酬型の場合
0.648%(税込)1.08%(税込)
運用コスト
最大0.14%(税抜)非公開
(推定0.1〜0.2%以上)
最大0.288%(税込)0.343%程度最大0.3402%(税込)
上記以外コスト最大0.3%
(信託財産留保額)
 –
手数料割引最大0.1%オフ最大0.35%オフ割引なし割引なし割引なし
税金最適化(DeTAXありありなしなしなし
総合手数料1.04〜1.14%0.65%+ETF経費
〜1.00%以上
0.99%以上0.991%程度
※1%を超える場合
1.4202%

表を見る限りロボアドバイザーではそれほど手数料の差がなく、それぞれ特有の機能があり、自分に合ったロボアドバイザーのサービスを利用することが重要だと思います。

まとめ

今回はウェルスナビの手数料について紹介しました。ロボアドバイザーの手数料としては他のサービスとそれほど差はありませんでした。
ただ、投資上級者にとっては少し手数料が高く感じるといえるでしょう。

これから投資を始めたい人投資を勉強したい人ほったらかしで長期運用したい人にはウェルスナビは投資の入り口としてとてもおすすめだと思います。

スポンサーリンク
ウェルスナビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HISAO BLOG
タイトルとURLをコピーしました