アマゾンで高評価のAKIKIのBluetoothイヤホンTWS-P10の感想とレビュー

5.0
レビュー
スポンサーリンク

こんにちはhisaoです。

皆さん音楽は聴きますか!?

私は通勤時に電車の中で聞いていますが、iPhone8に変えてイヤホンジャックが無くなった為、アップルのAirPodsを買って使ってました。

しかし、私の耳が小さいのか、AirPodsがうまくフィットしないんですよ!以前のアップルの純正イヤホンも同じくフィットしませんでした。

そこでアマゾンで高評価のブルートゥースイヤホン「AKIKI TWS-P10」を購入し今現在も使っています。

今回はアマゾンで高評価のブルートゥースイヤホン「AKIKI TWS-P10」を約1年間使った私の感想・レビューと評判を紹介します。

↑↑↑2020年3月商品を見てみましたが既に無くなっていました...
>>>AKIKI TWS-P10でアマゾンで検索した結果

AKIKI BluetoothイヤホンTWS-P10のレビュー

アマゾンで5,000円前後で買える「AKIKI TWS-P10」です。

購入する時はAKIKIという聞いたことの無いメーカーで少し不安でしたが、Amazonのカスタマーレビューでとても高評価なうえに価格も5,000円台と安く、レビューを読み漁り購入を決めました。

「AKIKI」BluetoothイヤホンTWS-P10パッケージ

AKIKIイヤホン「AKIKI TWS-P10」商品の内容物

「AKIKI」BluetoothイヤホンTWS-P10商品中身
上記の物プラスUSBケーブルが1本入っていました。

  • イヤホン本体、左右
  • 充電式収納ケース
  • イヤーピース予備
  • USBケーブル1本
  • 収納袋
  • 説明書
  • 謎のカード

イヤーピースの大きさは3種類が付属しています。収納袋が付いているのもいいですね。

充電式収納ケース

イヤホンTWS-P10本体

AKIKIワイヤレスイヤホンの充電式収納ケースです。

ワイヤレスイヤホンをケースに収納するとイヤホンとケースが青く点滅して自動で充電がスタートします。

マグネット式なので収納時は逆さにしても外れません。ケースからイヤホンを取り出すと自動でスマートフォンとぺアリングします。

そして、ただのイヤホンの収納ケースだけでなくUSB出力ができる3500mAhのモバイルバッテリーとしても使用できます。出力はマイクロUSBになっています。

ワイヤレスイヤホンAKIKI TWS-P10スペック

BluetoothイヤホンTWS-P10

イヤホン重量:約4g
対応コーデック:AAC(iphoneだけ対応) SBC
Bluetooth パージョン:5.0
再生持続時間:3-4時間
通話時間:3-5時間
通信距離:見通し最大約10メートル
※環境によって異なります
プロフィル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
電圧:3.7V
防水等級:iPX7
急速充電:7分で約半時間再生(イヤホン)
ケース電量容量:3500mAh
使用周波数帯域:2402MHz-2480MHz
動作時環境条件(温度):-20℃~60℃
対応機種:iOS/Android/Windows
マルチポイント(同時待受け):対応

とても軽くて、インイヤー式イヤホンなのでフィット感がとてもいいです。さらに防水仕様なので雨の日も安心です。

左右のイヤホンをケースから取り出すと自動で同期し、スマートフォンとのぺアリングもスムーズに行います。

イヤホンの操作方法

タップ1回音楽の再生、一時停止、電話に出る
左側イヤホン2回タップ前の曲に飛ぶ
右側イヤホン2回タップ次の曲に飛ぶ
左側イヤホン3秒以上長押し音量ダウン
右側イヤホン3秒以上長押し音量アップ
軽く長押しSiri、googleアシスタント起動

イヤホンにボタンは付いてなくタッチでの操作なので、誤って反応してしまう事が結構あります。

「AKIKI TWS-P10」の音質

音質はいたって普通です。音質にこだわる人には向きません。

音の広がりに少しかけて、中でも低音が少し弱い感じです。

しかし5,000円台の完全ブルートゥースイヤホンなので、そこらへんは割り切りましょう。

次にブルートゥースイヤホンで気になるポイントが音飛びや音切れですが、こちらは全く感じません。

AKIKIイヤホンTWS-P10のメリット・デメリット

TWS-P10のメリット

TWS-P10のメリット

  1. イヤホンのフィット感が良い
  2. 低価格
  3. 音質は価格なりに悪くない
  4. モバイルバッテリーとしても使える
  5. ペアリングが簡単
  6. イヤホンが防水

私はAirPodsで得られないフィット感を求めてAKIKIのTWS-P10を購入したので、イヤホンのフィット感については大満足です。

そしてモバイルバッテリーとして使用できるのもありがたいです。

この価格を考えると、とても良いブルートゥースイヤホンだと思います。

AKIKI TWS-P10のデメリット

デメリットも挙げていきましょう。

TWS-P10のデメリット

  1. イヤホン本体をタッチでの操作なので誤ってタップする事がある
  2. 低音が弱い
  3. 音質は価格なりに悪くない
  4. インイヤー式イヤホンなので外の音を遮断してします。

この価格を考えると全て許容できる内容ではないでしょうか。

ただし音質にこだわりがある方には向きません!

インイヤー式イヤホンは外の音を遮断しますので自転車やバイクに乗りながら使用するのは大変危険です!

「AKIKI」BluetoothイヤホンTWS-P10がアマゾンで高評価の理由

AKIKIのTWS-P10イヤホンがアマゾンレビューで評価がいい理由がわかりました。

「AKIKI」レビューでプレゼントの紙

それは商品に同梱されていた謎のカードにありました。

可愛いキャラクターが入っているカードの中には、無料ギフトの取得方法が書いてありました。「レビューを書いたら商品をプレゼントしますよ。」
ということらしいです。

私の勝手な憶測ですが、高評価にしないとギフトが貰えないんじゃないか!?というレビューを書く側の心理をついているんじゃないでしょうか!?

ちなみに私は申し込んでないので、何が貰えるのか分かりません。

AKIKI TWS-P10の口コミ・評判


高いワイヤレスイヤホンと音質を比べるとやっぱり劣ります。


AKIKIのTWS-P10はツイッターでも高評価でした。狙い目はアマゾンのセール時です!

さいごに

AKIKIと言う会社も聞いたことが無かったので、アマゾンで高評価でも少し不安でしたが、実際にイヤホンを使ってみて思ったのは、価格以上のブルートゥースイヤホンだと思いました。

AKIKIのイヤホンを約1年使っていますが、今のところ全く問題なく使えています。

価格も安く、また1年間の保障もついています。ワイヤレスイヤホンを悩んでいる方にAKIKIのイヤホンはオススメできる商品です。

↑↑↑2020年3月商品を見てみましたが既に無くなっていました...
>>>AKIKI TWS-P10でアマゾンで検索した結果

タイトルとURLをコピーしました