つみたてNISA運用実績【7ヶ月目】

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

積立NISAの7ヶ月目の運用実績です。

こんにちはhisaoです!

私がつみたてNISAを開始したのが、2019年の3月です。

ここでは私の積立NISA7ヶ月目の運用報告をしていきます。

7ヶ月目の積立NISA実績

私は2019年3月に10,000円から初めて、翌4月に10,000円を追加した計20,000円を毎月ほったらかしで積み立てています。

地方銀行なので選べるファンドが少ない為、「たわらノーロード日系225」「たわらノーロード新興国株式」オーソドックスなこの2点を積み立てています。

毎月の積立金額の内訳

  • たわらノーロード日系225  毎月15,000円
  • たわらノーロード新興国株式 毎月5,000円

銀行さんに言われるがまま新興国株式に5,000円を割り振り、金額の追加はしていません。

「たわらノーロード日系225」の運用実績

2019年9月6日時点で-562円の含み損になっています。

日経平均は9月5日に1か月ぶりに21,000円代に回復しましたね。昨日投稿した記事で月初の積立は損するかもって書きましたが、今回は逆になってしまいました。

まぁ大きな差ではありませんが。

下のグラフはつみたてNISA・「たわらノーロード日系225」を運用開始してから7か月目の月単位での積立実績推移になります。

「たわらノーロード新興国株式」の運用実績

2019年9月6日時点で-942円のこちらも含み損になっています。

下のグラフはつみたてNISA・「たわらノーロード新興国株式」を運用開始してからの月単位での積立実績推移になります。こちらは2019年4月から積立をしました。

7ヶ月目の総合評価

・積立投資金額合計: 130,000円
・運用損益合計 : -1,504円
・運用利回り  : -1.15%

今月までの積立NISAの運用実績は-1,504円の含み損になっています。

まとめ

2019年9月6日時点

・積立投資金額合計: 130,000円
・運用損益合計 : -1,504円
・運用利回り  : -1.15%

今月も米中両国に左右される市場でした。米中が閣僚級の通商協議を10月に再開するという報道もあって、9月5日に1か月ぶりに日経平均が21,000円代に回復しましたね。

為替もけっこう動きました。南アフリカは中国が最大の輸入国であり米中関係は南アフリカランドにも大きな影響を与えます。

この状況なので、私の南アフリカランドの少額スワップ投資もプラスに転向しましたよ。(数千円ですけど)

積立NISA等の長期での資産運用は途中経過はマイナスでも、その間に口数を増やし、最後に上がっているのが理想です。

これから積立NISAを始めようと思ってる方へ

私のように銀行で始めると投資先(ファンド)の選択肢が非常に少ないです。
最近おすすめされてる「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」など私が積立NISAを行ってる地方銀行には取り扱いがありません。

これから積立NISAで積立投資をしようという方は絶対にネット証券をおすすめします!

中でも楽天証券
を私はオススメします!

タイトルとURLをコピーしました