NEW!「つみたてNISA3年2ヶ月目更新」

SBI・バンガード・S&P500の少額積立【運用報告12ヶ月目】

SBI・バンガード・S&P500のつみたてつみたてNISA・投信運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちはhisaoです!

少額からの積立運用を行っている、SBI・バンガード・S&P500の1万円積立も早くも12ヶ月が経過して2年目に入りました。

トランプさんの敗北がほぼほぼ決定して来年1月末からバイデンさんになりそうです。アメリカ経済はどうなるのか気になりますが、2020年11月30日現在は世界経済が絶好調です!

「SBI・バンガード・S&P500」の1万円つみたて

現在の基準価格(2020/11/30)

SBI・バンガード・S&P500の2020年11月30

SBI・バンガード・S&P500の2020年11月30資産推移

アゲアゲです。11月25日には12,006円の設定来高値を更新しました!

そして不運にもその日が私の積立約定日になってました...

少額つみたての状況

約定履歴です。

SBI・バンガード・S&P500約定履歴
2020/9
2020/10
2020/11

今月は最高値での買い付けになってしまいました。ほったらかし積立のデメリットでもありますね。

評価額

2020年11月評価額

切り取るのも面倒なので、先月から積立を開始した「iFreeレバレッジFANG+」も載ってますが、下段が「SBIバンガードS&P500」です。

関連記事>>「iFreeレバレッジFANG+」の毎日積立をはじめました。

「SBIバンガードS&P500」は評価額が262,697円で+32,697円になっています。

評価損益は14%!!

 

現在の状況まとめ

投資金総額合計保有数評価額
2020年11月現在230,000円219,886口262,697円

少額でもコツコツ積み上げれば資産は徐々に増えていきますね!

今後も2.3ヶ月間隔で積立運用の状況を更新していきます。

投資信託は簡単でおすすめ!

S&P500はS&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数で投資の世界でもっともスタンダードな指数です。

私が積立てている「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」は、米国のバンガード社が運用しているS&P500ETFのVOOへの投資をします。

簡単に言うと米国のバンガード社のETF(VOO)だけを買い付けるファンドです。

だとしたらVOOを直接買った方がよさそうだけど少額でも平気?
関連記事>>VOOの積立が無理ならSBI・バンガード・S&P500でOK!

 

米国ETFは確定申告が必要

ETFの税金は株式投資と基本的に同じなため、既に株式投資で税金の支払いに慣れている方は特に問題ないでしょう。

年収2000万円以下の会社員で、ETFや株式投資などの所得合計が20万円を超えるのであれば、確定申告が必要になります。

確定申告をしないと米国と日本で税金が二重にかかってしまいます。

 

投資信託は1円から購入できる!

ネット証券なら投資信託は1円単位で購入が可能ですが、米国ETFは1口からの購入になります。

結局は面倒なので投資信託にお任せっていうだけです!

これから証券会社に口座を作るならネット証券が絶対おすすめ!楽天証券はポイントでも投資が出来るし投資先も多いので絶対おすすめです!

参考記事>>0円からはじめる少額積立投資。初心者向けの資産運用7選
参考記事>>つみたてNISAは楽天証券で始めて楽天ポイントを最大限もらおう!
関連記事>>VTIやVOO色々迷ったけどSBI・バンガード・S&P500を買いました。

タイトルとURLをコピーしました